眼精疲労を抑制するために色々と工夫しております

仕事柄ですが、長時間パソコンを使うことがあり、眼精疲労とかドライアイとかに気をつけないといけないので色々と工夫しながら対策を取っている今日この頃となっています。1時間に必ず10分は休憩を入れるようにしていて、その時に肩回しや肩甲骨を動かす運動、ストレッチとかをしていて血流を良くしつつ、目のスクワットや運動をしています。また、目が疲れたなと思った際は目薬とかをつけて対応している感じとなっています。

これだけでも眼精疲労やドライアイとかを抑制する事ができ、VDT症候群という恐ろしい病症を起こさせないように対処する事ができます。眼精疲労とかドライアイとかが起きると肩こりや頭痛、首の痛み、肩の痛み、肩甲骨周辺の凝りや痛みとかが出たりする事があります。またそれが酷くなるとVDT症候群が起きて意識を失う事があったりするため、ほんとに目のケアとか肩や肩甲骨、腰等のストレッチやケア、運動とかは大事となっております。キレイモ 料金

眼精疲労を抑制するために色々と工夫しております